2019年10月07日

背番号34

今から47年前

少年野球チームに入ったとき監督から背番号34番、

君は背が高いから金田正一のような投手になるんだよと。

それからはプロ野球選手になりたくて後楽園球場に連れて行ってもらい

憧れだったONが打てなかった大投手だと知りました。

小学生の私は投手になる技術はなく1塁手、6番バッターが定位置、

それでも東京代表になってON野球教室に参加できたこと

野球、野球の毎日でした。

金田正一さん、とてつもなく大きな目標でした。
20191007195306245.jpg
posted by 川井 収 at 19:53 | 上海 ☁ | Comment(0) | テニス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: