2018年05月19日

スポーツマンシップ

2003年東京大学スポーツマネージメントスクールにて講義を受け
広瀬一郎さんと出会い 講義の最初のスポーツマンシップのお話が素晴らしく 
私、フューチャーズ・テニスのレッスンにその考え方は反映されています。

スポーツ界のニュースをみて
広瀬一郎さんから教えていただいたことを自分自身で再確認し
日々のコート上で行動していきます。

スポーツマンシップとはリスペクトすること
テニスを 相手を 審判を ルールをリスペクト(尊重)すること。

体育とスポーツの違い。

スポーツはゲームである。スポーツは遊びである。

いいゲームをめざして全力を尽くすことがスポーツの本質。
いいゲームを実現するために必要となるのは、真剣なプレーヤーと公平なルールと誠実な審判をリスペクト(尊重)し、勝利のために全力を尽くすこと。

「勝つことが全て」という考え方は、スポーツの本質を見失わせる。
一方で、ただ「楽しければいい」という考え方では、成長は期待できない。
真剣に全力を尽くすことが大切だが、単なる遊びである。
勝利は最大の目標だが、フェアに戦わなければならない。
敗北はとても辛いものだが、勝利した相手を称えるべき。

かっこいいスポーツマンになろうよ!
広瀬一郎さんの声が聞こえてきます。

フューチャーズ・テニス http://www.futures-tennis.jp/
posted by 川井 収 at 19:01 | 上海 ☔ | Comment(0) | テニス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: