2017年04月05日

憲法9条と99条

私は産まれたときから平和な安心した日本で生活させてもらい
大好きなスポーツができ、今も出来ていることに日々感謝しています。

日本国憲法は私が産まれる18年前の敗戦後、
戦争の犠牲、戦闘の後 昭和21年11月3日に憲法ができたものと聞いています。

ここのところテロ等準備罪などの審議がされて
日本は戦前に戻ってしまうのかという懸念があります。

森友問題にかくれてテロ等準備罪が進んでいくことにより
日本は民主主義からものが言えない独裁主義に変っていってしまうのでは、

テロ等準備罪がないとオリンピックが開催できないと言っていますが、、、、
その予算を福島の原発、災害で今も苦しんでいる方々にあててほしいと切に願います。

永六輔さんが憲法9条と99条を守っていかなければならない
と生前ラジオでお話されていたのを聞き 
私も戦争を知らない世代ですが同じ気持ちです。

日本がおかしな方向にいってしまっているのではと感じます。
それを守るのは主権である私達ひとりひとりです。
自分の意見を述べ 自由にものがいえる国を変えてはいけないと思います。

日本国憲法9条
「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 国の交戦権は、これを認めない。」

日本国憲法99条
「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う」

posted by 川井 収 at 21:12 | 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | テニス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448756189

この記事へのトラックバック